大会概要

2016年大会テーマ

70年浪漫「花火の町ふくろい」
“世界に発信 夢空間”
We present the dream all over the world

袋井の花火の歴史は古く昭和20年代から約70年の時代(とき)を刻んでおります。あらためて今、花火の歴史を紐解き新たな時代の花火大会として全国屈指の花火師によるエンターテイメント夢空間“音と光の総合芸術”をお楽しみ下さい。

開催日時2016 (平成28) 年8月6日(土)

荒天の場合は7日(日) または13日(土)
※天候の急変により開催時間やプログラム内容に変動が生じる場合があります。
開催会場静岡県袋井市 原野谷川親水公園(はらのやがわしんすいこうえん)
アクセス
観覧席会場は有料観覧席となります。
一般観覧席の販売については公式サイトの「観覧席・チケット情報」 をご覧下さい。
主催ふくろい遠州の花火実行委員会
共催袋井市、袋井商工会議所、静岡新聞社・静岡放送
特別後援中日新聞東海本社、日本煙火芸術協会
後援文化庁、経済産業省関東経済産業局、静岡県、日本商工会議所、浅羽町商工会、袋井市自治会連合会、(公社)静岡県観光協会、袋井市観光協会、(公社)日本煙火協会、(一社)静岡県旅行業協会
協力【大会運営】
東海旅客鉄道(株)、静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合、静岡県サッカー協会グループエコパハウス、 浜松ケーブルテレビ(株)、袋井市交通安全会連合会、袋井市交通指導隊、ヒーローズアカデミー

【クリーンアップ作戦】
袋井市内小中学校、静岡県立袋井商業高等学校、静岡県立袋井高等学校、静岡理工科大学、(公社)袋井青年会議所、袋井市スポーツ協会、袋井市社会福祉協議会、袋井市ボランティア連絡協議会、国際ソロプチミスト袋井、(公社)袋井・森地域シルバー人材センター、袋井ライオンズクラブ、ガールスカウト袋井地区協議会、遠州中央農業協同組合袋井支店、金光教袋井教会、天理教山名大教会、ふくろいイベントボランティアの会、ふらっと運営会議 (順不同)
公式WEBサイトhttp://www.fukuroi-hanabi.jp/


袋井が全国に誇る地域資源へ

全国初! 文部科学大臣賞

全国花火名人選抜競技大会ふくろい遠州の花火は、1995年から会場を原野谷川親水公園に移し、今回で21回目の大会となり、夏の風物詩の代表格として県内はもとより県外にも広く認知されるようになりました。

2000年に第一回しずおか観光大賞を受賞し、翌年には全国で開催されている名だたる花火大会の主催者で構成する「全国花火サミット」の参加団体にも加わり、全国屈指の花火大会として地位を確立してまいりました。

更に2012年からは、文化庁より日本伝統の花火文化と煙火技術、芸術性の高さを評価いただき、「全国花火名人選抜競技大会」の優勝者に「文部科学大臣賞」が授与されることとなりました。このことで打上規模、参加花火師、質、内容共に認知度が一層高まりました。

今後、本大会の安全性をより高め、継続的に開催していくために、地域力を結集し大会関係者が一致団結して円滑に大会運営に臨む体制を充実し、袋井が誇る地域資源として、街の賑わいと着地型広域観光を目指して全国へ発信して参ります。是非、皆様の温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。

大会の特徴

◎全国から選抜された超一流の花火師による競演

文部科学大臣賞を目指した芸術花火の競演、豪華絢爛多彩な花火の音、色、光を体全体で受け止め、迫力あふれる花火をお楽しみください。

◎安心安全な大会運営

安心安全をモットーに、関係機関、地域の皆さまと協力し、地域力を結集した大会を目指しています。マナーの向上にご協力をお願いします。

◎翌日のクリーンアップ作戦

「ごみの持ち帰り運動」を実施しています。また、大会翌日には市民や関係団体の協力により、5,000名を超えるボランティアが一斉に会場周辺を綺麗にしています。

◎健全で力強い子どもたちの育成支援

袋井市内の小・中学生を対象とした絵画コンクール(平成27年度 1,582点応募)
静岡県内の高校生を対象としたフォトコンテスト(平成27年度 136点応募)
袋井市の将来を担う子供たちの徳のある活動を支援する花火こども有徳基金
平成27年度は下記の通り8団体の有徳活動に助成しました。今年度の募集は10~11月に行なう予定です。

静岡理工科大学お理工塾応援隊
特定非営利活動法人 ブライツ
日本宇宙少年団袋井分団
袋井月見の里ジュニアオーケストラ
袋井市立袋井南小学校
袋井市立袋井南中学校
袋井市立高南小学校
わくわくスポーツクラブ